2003年度掲載作品

 トップ > やなせたかしオリジナルアンパンマンいろいろ! > やなせパン特集 怪傑アンパンマン[連載童話] > 怪傑アンパンマン[連載童話]番外編詳細 2003年度掲載作品

目 次

やなせスタジオ様へ

 2016年(平成28年)4月11日に一度削除しました。もちろん、折れた訳ではありません。別の件で問い合わせをするついでに、手紙で直接伝えたからです。
 けれど、ここに初めてアクセスする皆様には、一体、何のことだったのか気になるかもしれないので、改めて説明したいと思います。

 私は以前、『アンパンマン・ミニ・ブックス』(1983年〜1985年、フレーベル館刊)をはじめ、現在ではオフィシャルショップのみで購入できる商品を、一般の書店でも販売をして欲しいという声明文を書きました。私が『アンパンマン・ミニ・ブックス』を含む作品の復刊を求めたのは、自分のコレクションにするという個人レベルのものだけではないからです。アニメの『アンパンマン』を観ている子供たちが、“やなせ先生自身の原作”とも出会う環境を作るために復刊を希望しました。オフィシャルショップ限定商品では、その近くに住むごく一部の人間しか喜ばせることしかできません。

 “元祖アンパンマン”で有名な『十二の真珠』(2012年、復刊ドットコム刊)から引用させて頂きます。

「ぼくはえらい画家になるんだ。そしてみんなに尊敬されるんだ」
「いよいよ、君はバカだ」
「なぜ、ぼくがバカなんだ。画家になるのはいけないのかい」
「君はえらくなるために画家になるのか。それよりも子供でもおじさんでも、だれでもをよろこばせる絵をかけよ」
 やなせ先生が守り続けた“作家精神”を知ることができる画家志望の少年の会話です。けれど、残念ながら矛盾も感じます。オフィシャル限定商品など、“だれでもをよろこばせる絵”とは言えないからです。やなせスタジオのスタッフの皆様が、やなせ先生の意思を引き継ぎ、作品を多くファンに読んで頂きたいという気持ちがあるのなら、こんな馬鹿な商売はしません。
 とにかく『アンパンマン』は、アニメばかりが大事にされ、やなせ先生自身の原作の扱いが酷過ぎます。

 アニメの『アンパンマン』は1988年(昭和63年)に放送開始されました。テレビ化又は映画化されると、その宣伝効果で、原作の読者も増えるものです。ところが、『アンパンマン』には不思議なデータがあります。年に1、2回ペースだった原作の増刷が、アニメ効果でうなぎ上りになるはずが、逆に1989年(平成元年)で一斉に途切れているのです。この頃、書店にはアニメをベースとした絵本や図鑑なども並びました。やなせ先生の自身の『アンパンマン』は、これらの出版物に“領土”を奪われる形で、いつの間にか姿を消した訳です。
 そして、2009年(平成20年)、『アンパンマン・ミニ・ブックス』が長い眠りから覚めて復刊しましたが、それは私が考えていたものではありませんでした。やなせスタジオのスタッフの皆様は、今の子供たちがやなせ先生自身の『アンパンマン』を知らないことを寂しいとは思わないのでしょうか? 一部の人だけが購入できるの復刊では意味がありません。

 現在は、自宅でもネットを通じて本が購入できる時代です。けれど、児童書については、時代がどんなに変わっても町の書店が必要だと思います。パソコンやスマートフォンが使えない子供たちには、欲しい本を店で直接探す方法しかないのです。そんな子供たちがどこに住んでいてもやなせ先生自身の『アンパンマン』と出会える環境を作りたいという気持ちは今も変わりません。一般書店での販売をお願いします。

アニメのアンパンマンを観ている方へ

 皆様は、サッカーが好きでしょうか? 野球派の私は残念ながら、日本中がワールドカップに沸いている時でも冷めた人間ですが、ボールを手を使わずにあのネットに入れるスポーツだということは、いくら何でもわかります。これはサッカーが好きか嫌いか以前の問題でしょう。ですが、私がこう言い切れるのは所詮、サッカーを国民的スポーツとする日本で長年生活しているからに過ぎません。
 かなり極端な作り話かもしれませんが、もし、あるサッカー発展途上国で、まともに勉強していない無責任な機構が、「そのままでは難しい…」という“大人の対応”から、勝手にルール改正をしたらどうしよう? 日本も含むほかの国は、手が使える「もはや別のスポーツ…」などと批判すると思いますが、この国で生まれ育った人は、それをサッカーだと認識してしまったりするのです。人間とは、実に単純な生き物で、それを支配する環境には恐ろしいの一言に尽きます。
 手が使えるルールは、いずれは元に戻す暫定的なものだったかもしれませんが、それを一度、脳裏に焼き付けてしまった人間を再教育するのは、決して簡単なことではありません。“正義心”で初心者でも楽しめるサッカー作りをするつもりが、結局は、本来のルールに出会った時に“混乱の素”になってしまう訳です。
 この国のサッカーの行方は一体、どうなるのでしょうか? 我々がいくら本来のルールを伝えようとしても、「今までこれでやってきたんだから…」などと受け入れてくれません。ここは、“この国の空気”を読み、ひとつの個性として認めるべきなのでしょうか?
 けれど、そんな国でも、わかるファンがいない訳ではありません。そういう少数派のファンは、全く別のスポーツが国で勝手に確立してしまうと困るのですね。「別のスポーツ」というのは、もちろん、野球でなければ、テニス、卓球、バレーボール、バスケットボールでもありません。その国では見ていない人までもが「子供に夢を売るスポーツ!」などと支持し、自分の都合が悪い意見は受け入れない馬鹿な機構を甘やかすから、世界でも通用するサッカーをして欲しい切実なファンには頭が痛くなる問題でしょう。

 さて、なぜ、実在しない国のサッカー事情をダラダラと話したかというと、つまり、アニメの『アンパンマン』も同じなのです。

 作者のやなせたかし先生は、1919年(大正8年)2月6日に生まれました。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大)卒業後、三越宣伝部のグラフィックデザイナーを経て、1952年(昭和27年)に漫画家としてデビューするのですが、そこに立ちはだかったのが戦争です。
 日本国民は空腹に耐えながら、“正義”を信じて、人を傷つけ殺し合い、必死に戦いました。その結果、日本は負けたのです。やなせ先生は、関係ない子供までもを巻き込み、多くの犠牲を出したこの戦争に疑問を抱きました。1964年(昭和39年)の東京オリンピックを境に、日本が急成長したあとも、そのことは忘れません。そして、戦時中も体験した空腹から、暴力を嫌い、飢えに苦しむ人々に自分の身を犠牲にしてまでも食べ物を支援するヒーローの物語が誕生しました。それが『アンパンマン』だった訳です。
 ところが、バブルの時代に始まったアニメは、食べ物ならぬ、“兵器のような顔”を取り付けたヒーローが、悪のばいきんまんを“暴力”で成敗する、単純で好戦的なストーリーにされています。“キャラクターメーカー”などと軽視しているスタッフ方は、『アンパンマン』が誕生した経緯を全く理解していないのです。

 以前、「アニメだってお腹を空かせた人を助ける!」などという“潔白”を主張する意見を頂きました。しかし、これは残念ながら、『アンパンマン』の本質を知らないからこそできる反論です。
 “アンパンマンの仕事”とは、一体、何でしょう? アバウトに答えれば、ご主張の通りなのですが、それは「貧しい国に食べ物を支援する」というものであって、お腹を空かせた人なら誰でもいいという単純な問題ではないと、私は考えています。
 カバ夫くんやウサ子ちゃんたちは、お腹を空かせることがありますが、私の目が悪いためか、どう見ても貧しい国で生まれて放っておくと死んでしまうような子供には思えません。経済的な理由で両親が共働きをしている家庭の子供でなければ、虐待を受けて食事がまともにできない子供でもないでしょう。同じ空腹でも、こういう子供のちょっとした腹ごしらえではあまり意味がないと思うのです。私は電車を利用した時、疲れていても座席が空いていないことがありますが、年寄や妊婦さんに親切にするのとは訳が違いますよね?
 このアニメのスタッフは、いくら善人面しても、貧しい国の人のことなど、別に興味がないでしょう。食の扱いは、豊かな国のお祭りの出し物であり、お腹を空かせた人を助けるくだりは、所詮、原作の愛読者に“見っともない言い訳”をするための付け足しとしか感じられません。掃除当番をサボっている小学生が、先生に注意されると隅っこだけ掃いて、「やってるだろ、ほら?」などと、大人を馬鹿にするような態度を取るのと同じです。こういうのに騙されるファンもファンだと思います。
 むしろ、食べ物に困っているのは、ばいきんまんなどの敵方ではないでしょうか? アンパンマンなら、いじめを表面的にしか見ない馬鹿な大人たちは違い、ばいきんまんがなぜ悪さをするかを察することができるはずです。

 皆様に『アンパンマン』について改めて欲しい気持ちから、こんな声明文を書きましたが、否定だけでは、“アンチアンパンマン”などと誤解されてしまうので、『アンパンマンの遺書』(岩波書店刊)、『あんぱんまん』(フレーベル館刊)、『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』(復刊ドットコム刊)、『十二の真珠』(同)を、“私が選んだ4冊”として紹介したいと思います。

 『アンパンマンの遺書』は、2013年(平成25年)に初版本が発行されました。1994年(平成6年)に2年後の『アンパンマンミュージアム』のオープンに向けて書かれた同名のやなせ先生の自叙伝(岩波書店刊)を文庫本として復刊したものです。この自叙伝を読めば、キャラクターメーカーなどと軽視していた“アンパンマン感”が、視野の広い“やなせ感”に変わります。

 『あんぱんまん』は1976年(昭和51年)に初版本が発行されました。ご存知の方も多いかと思いますが、1973年(昭和48年)の『キンダーおはなしえほん』(フレーベル館刊)に掲載され、全国の幼稚園や保育園で配布された記念すべき絵本の1作目を、一般の書店でも販売するため、『キンダーおはなしえほん傑作選』として再出版したものです。本編はもちろん、巻末の解説には『アンパンマン』の本質が書かれています。以前、ご覧になったという方も前述で紹介した『アンパンマンの遺書』のあとに改めて読むと、一味も二味も違う印象を受けるかもしれません。

 『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は2016年(平成28年)に初版本が発行されました。1976年(昭和51年)から1982年(昭和57年)に絵本とは別に『月刊いちごえほん』(サンリオ刊)で連載された漫画の『アンパンマン』を、付録掲載作品も合わせて単行本としてまとめたものです。ここからしょくぱんまんやカレーパンマンなどの主要キャラクターが誕生しました。のちの『アンパンマン』に大いに影響を与えた作品です。“対ばいきんまん”という構図もこの作品からなのですが、それはあくまでも子供を病気から守るというもので、『アンパンマン』の本質からズレているあのアニメとは違います。キャラクターの初登場からの形態変化、バタコさんの悪童ぶり、幻のキャラクターフケツマンなどが必見です。
 どこかで「裏設定」という聞き捨てならない話を耳にしましたが、それは違います。これこそが『アンパンマン』です。世間的な正式設定は、“高が二時的創作物”に過ぎません。手が使えないサッカーを架空の国では「裏ルール」などと理解しているのと同じです。

 『十二の真珠』は、2012年(平成24年)に初版本が発行されました。1969年(昭和44年)に『PHP』(PHP研究所刊)で1年間連載された『こどもの絵本』をまとめた短編童話集を2度の絶版を経て復刊したものです。その中には絵本よりも古い『アンパンマン』が収録されていることで知られています。
 この童話集に登場するアンパンマンは、顔ではなく“手持ちのアンパン”を子供たちに配る別のキャラクターです。アンパンマン自身がアンパンではありませんでした。
 ほかに『ジャンボとバルー』や『チリンの鈴』など、のちに絵本などでリメイクされるやなせ先生の代表作が収録されています。血や泥などの描写でメッセージを強調したところもこの童話集の魅力です。『アンパンマン』だけが、やなせ作品じゃないことがわかります。

 ほかにも紹介したい作品や文献がありますが、とりあえず以上の4冊を読めば、基本的な知識が身に付くのではないでしょうか?
 『あんぱんまん』と『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は、小さな子供たちにもできれば見せて頂きたいと思います。アニメとのギャップから、よく配慮を主張する声がありますが、こういうのは案外、つまらない先入観をズルズル引きずっている大人よりも、子供の方が受け入れるのが早かったりするのです。子供には、物分かりが悪い大人と違って、「今までこれでやってきたんだから…」などいう“過去の壁”がありません。
 大人はもっと積極的にいろんなことを子供にチャレンジさせるべきではないでしょうか? 過剰に気遣いする大人ほど子供が苦手、又は無関心だというのが私の考えです。この手の余計な対応は、お子様目線というより、難しい質問をされた時などにきちんと説明する自信がない“大人のエゴ”ではないでしょうか? 弱いのは、最もらしいお為ごかしで子供から逃げている大人の方です。
 私自身も子供の時、自分の力を試したかったのに、“親切な大人”が難しそうなところを代わりにやったり、簡単なことを無理やり押し付けたりして、未だに納得していない思い出があります。未然防止など、窓から落っこちたり、川で溺れたりするなど、命の危険に繋がるような事故だけで充分です。
 教育にまで口を出しをしましたが、“やなせ先生自身”の『アンパンマン』は、小さな子供も楽しめます! 決して“マニアのためのアンパンマン”ではありません。こういうイメージを作ったのは、勝手に子供から遠ざけた馬鹿な大人たちが悪いのです。

 いろいろ厳しきことを書きましたが、異論がある方は2ちゃんねるなど、私が知らないところで叩かれても困るので、メール又は掲示板で直接お伝えください。ただ、感情的になっても話がこじれるだけなので、ある程度は冷却期間を置くべきだと思います。これは経験者としてのアドバイスです。あの時、衝動的に馬鹿なことを言わなければ、こんなにもケンカにならなかったという思い出はいろいろあります。この声明文は、何も今すぐ皆様に理解して頂こうというつもりで書いていません。急ぐ必要はないので、1年後、2年後、10年後でも、気持ちの整理ができた時に話を聞かせて頂けたらと思います。それまでの間にやなせ先生自身の『アンパンマン』をいろいろ読んでみてはどうでしょうか?

 最後になりますが、公式ガイドブックなどを制作してるスタッフは、『アンパンマン』が好きかどうか怪しい“適当に選ばれた人間”です。あなたはそんなスタッフを越えることができます!

Amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店


ビデオ

▲このページのトップへ


「詩とメルヘン」とアンパンマン

メインデータ

 タイトル…『「詩とメルヘン」とアンパンマン』
 著者名…やなせ・たかし
 初出…『月刊詩とメルヘン〔2003年(平成15年)8月号〕』(発行日:2003年8月1日/コード:雑誌04281-08/発行所:株式会社サンリオ/掲載頁:54〜61)

構成

 『第一章 「詩とメルヘン」創刊とアンパンマン登場』
 『第二章 「いちごえほん」とアンパンマン』

▲このページのトップへ


同年度の月刊詩とメルヘン

2003年(平成15年)4月号掲載作品

 『編集前記』(掲載頁:3/著者:やなせ・たかし)
 『CONTENT』(掲載頁:3)
 『特集 「詩とメルヘン」創刊三〇周年記念自由詩詩集』(掲載頁:4〜21)
 『うさぎと手』(掲載頁:4〜5/著者:大下美奈{肩書き:詩}、小谷智子{肩書き:絵})
 『散歩の楽しみ』(掲載頁:6〜7/著者:藤わかな{肩書き:詩}、深野天{肩書き:絵})
 『白玉だんごと人生についての考察』(掲載頁:8〜9/著者:下野栄子{肩書き:詩}、ようふゆか{肩書き:絵})
 『午後4時』(掲載頁:10〜11/著者:香村あん{肩書き:詩}、蓮田千尋{肩書き:絵})
 『恋』(掲載頁:12〜13/著者:わすれなぐさ{肩書き:詩}、永倉万里江{肩書き:絵})
 『リサイクル』(掲載頁:14〜15/著者:折原由津季{肩書き:詩}、雨宮尚子{肩書き:絵})
 『ふきのとう案内』(掲載頁:16〜17/著者:越中芳枝{肩書き:詩}、広野多珂子{肩書き:絵})
 『ひこうきぐも』(掲載頁:18〜19/著者:こぬれ梢{肩書き:詩}、はせがわゆうじ{肩書き:絵})
 『縫い針』(掲載頁:20〜21/著者:武西良和{肩書き:詩}、田口智子{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 自由詩篇SPECIAL』(掲載頁:22〜25)
 『創刊三十周年特別企画 イーハトーヴ絵本館〔第一回〕 宮沢賢治の名作童話を描く 注文の多い料理店』(掲載頁:26〜31/著者:宮沢賢治{肩書き:作}、藤田夏代子{肩書き:絵})
 『読者のメルヘン レースを売る店』(掲載頁:32〜35/著者:ありす実花{肩書き:作}、吉田恵子{肩書き:絵})
 『ほんの三行詩/Poem31』(掲載頁:36〜37)
 『おりたたみ画廊』(掲載頁:39〜44/著者:金沢まりこ)
 『「詩とメルヘン」と私〔第54回〕 読者編』(掲載頁:45/著者:田沢春美{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 方言詩シリーズ〔214〕』(掲載頁:46〜47)
 『特集 エリ詩集 桜の時』(掲載頁:48〜53/著者:松永禎郎{肩書き:絵})
 『春のひだまり』(掲載頁:54〜55/著者:井瀧まさよ{肩書き:詩}、大西秀美{肩書き:絵})
 『名刺』(掲載頁:56〜57/著者:水波めのう{肩書き:詩}、さいとうじゅん{肩書き:絵})
 『Don't Cry』(掲載頁:58〜59/著者:蓮心{肩書き:詩}、高田美苗{肩書き:絵})
 『そうじ屋』(掲載頁:60〜61/著者:小泉英丸{肩書き:詩}、松本忠{肩書き:絵})
 『ほうせんか』(掲載頁:62〜63/著者:佐渡ますみ{肩書き:詩}、内藤靖子{肩書き:絵})
 『春の雪』(掲載頁:64〜65/著者:秋月杜斗{肩書き:詩}、堀江祐理子{肩書き:絵})
 『夜桜』(掲載頁:66〜67/著者:胡桃{肩書き:詩}、安椅子{肩書き:絵})
 『投稿メルヘン 三枚劇場 ポプラ並木のファーストフード店』(掲載頁:68〜69/著者:遠藤由紀{肩書き:作}、待井健一{肩書き:絵})
 『第23回イラストコンクール月例入選作品発表〔2〕』(掲載頁:70〜72)
 『詩とメルヘンバックナンバー』(掲載頁:73)
 『気まぐれ絵日記〔256〕』(掲載頁:74〜75/著者:やなせ・たかし)
 『風の広場』(掲載頁:76〜77)
 『シグレ通信』(掲載頁:78〜79)
 『編集後記』(掲載頁:80/著者:やなせ・たかし{名義:やなせ})
 『今月、最後まで候補に残った作品/五月号予告』(掲載頁:80)

同年5月号掲載作品

 『編集前記』(掲載頁:3/著者:やなせ・たかし)
 『CONTENT』(掲載頁:3)
 『特集 「詩とメルヘン」創刊三〇周年記念自由詩詩集』(掲載頁:4〜21)
 『幸せなときにしたいこと』(掲載頁:4〜5/著者:琴はしえりか{肩書き:詩}、雨宮尚子{肩書き:絵})
 『山の春』(掲載頁:6〜7/著者:小島文子{肩書き:詩}、染野千鶴{肩書き:絵})
 『最後の春』(掲載頁:8〜9/著者:猫町フミオ{肩書き:詩}、松本忠{肩書き:絵})
 『結婚相談所』(掲載頁:10〜11/著者:青木五月{肩書き:詩}、おおぐらひろかず{肩書き:絵})
 『花束の籠』(掲載頁:12〜13/著者:中里啓{肩書き:詩}、米納睦子{肩書き:絵})
 『詩になるほどの失恋』(掲載頁:14〜15/著者:たけだあきこ{肩書き:詩}、内藤靖子{肩書き:絵})
 『ちいさな詩人』(掲載頁:16〜17/著者:ささまりこ{肩書き:詩}、待井健一{肩書き:絵})
 『故郷』(掲載頁:18〜19/著者:武西良和{肩書き:詩}、中村豪志{肩書き:絵})
 『昔歩いた道』(掲載頁:20〜21/著者:藤野光樹{肩書き:詩}、佐野近子{肩書き:絵})
 『読者のメルヘン1 浅野さんの玉子』(掲載頁:22〜25/著者:たがたみき子{肩書き:作}、ヤマグチマリコ{肩書き:絵})
 『くんぺい童話館〔最終回〕 おもいで』(掲載頁:26〜27/著者:東英子、東菜奈{肩書き:絵})
 『創刊三十周年特別企画 イーハトーヴ絵本館〔第二回〕 宮沢賢治の名作童話を描く やまなし』(掲載頁:28〜33/著者:宮沢賢治{肩書き:作}、梅川紀美子{肩書き:絵})
 『読者のメルヘン2 ひろこちゃんとピアノ』(掲載頁:34〜37/著者:にへいのりえ{肩書き:作}、ようふゆか{肩書き:絵})
 『おりたたみ画廊』(掲載頁:39〜44/著者:安椅子)
 『「詩とメルヘン」と私〔第55回〕 読者編』(掲載頁:45/著者:田沢春美{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 方言詩シリーズ〔215〕』(掲載頁:46〜47)
 『特集 金井千絵画集 IRELAND 楽園』(掲載頁:48〜53/著者:金井千絵{肩書き:文})
 『迷子』(掲載頁:54〜55/著者:立山登{肩書き:詩}、牧野鈴子{肩書き:絵})
 『メッセージ』(掲載頁:54〜55/著者:川上安寿海{肩書き:詩}、田口智子{肩書き:絵})
 『回想カフェ』(掲載頁:58〜59/著者:大江ありす{肩書き:詩}、藤田夏代子{肩書き:絵})
 『おみくじ』(掲載頁:60〜61/著者:平野あみ{肩書き:詩}、蓮田千尋{肩書き:絵})
 『ちょっとだけ』(掲載頁:62〜63/著者:かわすみゆか{肩書き:詩}、堀江祐理子{肩書き:絵})
 『スパイラル』(掲載頁:64〜65/著者:天羽留美子{肩書き:詩}、さとうじゅん{肩書き:絵})
 『ほんの三行詩/Poem31』(掲載頁:66〜67)
 『投稿メルヘン 三枚劇場 猫舌喫茶店』(掲載頁:68〜69/著者:青柳幸那{肩書き:作}、伊藤久美子{肩書き:絵})
 『第23回イラストコンクール月例入選作品発表〔3〕』(掲載頁:70〜72)
 『詩とメルヘンバックナンバー』(掲載頁:73)
 『気まぐれ絵日記〔257〕』(掲載頁:74〜75/著者:やなせ・たかし)
 『風の広場』(掲載頁:76〜77)
 『シグレ通信』(掲載頁:78〜79)
 『編集後記』(掲載頁:80/著者:やなせ・たかし{名義:やなせ}、N)
 『今月、最後まで候補に残った作品/六月七月合併号の予告』(掲載頁:80)

同年6、7月合併号掲載作品

 『編集前記』(掲載頁:3/著者:やなせ・たかし)
 『CONTENT』(掲載頁:3)
 『雨のしずく』(掲載頁:4〜5/著者:糸川草一郎{肩書き:詩}、松本忠{肩書き:絵})
 『風花』(掲載頁:6〜7/著者:天野みちる{肩書き:詩}、安椅子{肩書き:絵})
 『結び目』(掲載頁:8〜9/著者:はこたに史代{肩書き:詩}、雨宮尚子{肩書き:絵})
 『放課後の歌』(掲載頁:10〜11/著者:あおいことり{肩書き:詩}、堀江祐理子{肩書き:絵})
 『チューリップ』(掲載頁:12〜13/著者:阿部のりこ{肩書き:詩}、さいとうじゅん{肩書き:絵})
 『3人』(掲載頁:14〜15/著者:蓮心{肩書き:詩}、ヤマグチマリコ{肩書き:絵})
 『卵サンドとパンの耳』(掲載頁:16〜17/著者:楽&福{肩書き:詩}、染野千鶴{肩書き:絵})
 『絶妙』(掲載頁:18〜19/著者:秋月杜斗{肩書き:詩}、佐野近子{肩書き:絵})
 『パン屋の彼氏』(掲載頁:20〜21/著者:西院{肩書き:詩}、本田浩二{肩書き:絵})
 『大人へ……』(掲載頁:22〜23/著者:みちよ{肩書き:詩}、林佳奈子{肩書き:絵})
 『夢の出来事……』(掲載頁:24〜25/著者:西脇たみ恵{肩書き:詩}、田口智子{肩書き:絵})
 『読者メルヘン アンティーク・ドール』(掲載頁:26〜29/著者:鳥羽亮子{肩書き:作}、小山奈緒{肩書き:絵})
 『創刊三十周年特別企画 イーハトーヴ絵本館〔第三回〕 宮沢賢治の名作童話を描く 鹿踊りのはじまり』(掲載頁:30〜35/著者:宮沢賢治{肩書き:作}、深野天{肩書き:絵})
 『ほんの三行詩/Poem31』(掲載頁:36〜37)
 『「詩とメルヘン」と私〔最終回 拡大版〕 読者編』(掲載頁:38/著者:田沢春美{肩書き:絵})
 『おりたたみ画廊』(掲載頁:39〜44/著者:早川靖子)
 『「詩とメルヘン」と私〔最終回 拡大版〕 読者篇』(掲載頁:45/著者:田沢春美{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 方言詩シリーズ〔216〕』(掲載頁:46〜47)
 『特集 蓮田千尋画集 春の真昼の太陽の』(掲載頁:48〜53/著者:蓮田千尋)
 『何もしない一日』(掲載頁:54〜55/著者:本上友稀{肩書き:詩}、永倉万里江{肩書き:絵})
 『つゆくさ』(掲載頁:56〜57/著者:星野雫{肩書き:詩}、遠河湍基{肩書き:絵})
 『どぼん』(掲載頁:58〜59/著者:わすれなぐさ{肩書き:詩}、藤田夏代子{肩書き:絵})
 『しんぱいしょうの あおきさん』(掲載頁:60〜61/著者:小泉英丸{肩書き:詩}、米納睦子{肩書き:絵})
 『ハハとカレー』(掲載頁:62〜63/著者:あお{肩書き:詩}、伊藤久美子{肩書き:絵})
 『ある日の感傷について』(掲載頁:64〜65/著者:春日凪{肩書き:詩}、金沢まりこ{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 自由詩篇』(掲載頁:66〜67)
 『投稿メルヘン 三枚劇場 夜のタクシー』(掲載頁:68〜69/著者:間篤則{肩書き:作}、後藤貴志{肩書き:絵})
 『第23回イラストコンクール月例入選作品発表〔4〕』(掲載頁:70〜72)
 『詩とメルヘンバックナンバー』(掲載頁:73)
 『気まぐれ絵日記〔最終回〕』(掲載頁:74〜75/著者:やなせ・たかし)
 『風の広場』(掲載頁:76〜77)
 『シグレ通信』(掲載頁:78〜79)
 『編集後記』(掲載頁:80/著者:やなせ・たかし{名義:やなせ}、N)
 『今月、最後まで候補に残った作品/「詩とメルヘン」特別号発売のお知らせ』(掲載頁:80)

同年8月号掲載作品

 『「詩とメルヘン」休刊に当たって』(掲載頁:3/著者:辻信太郎)
 『編集前記』(掲載頁:4/著者:やなせ・たかし)
 『CONTENT』(掲載頁:4)
 『いのちの賛歌』(掲載頁:6〜7/著者:糸川草一郎{肩書き:詩}、葉祥明{肩書き:絵})
 『カメオ』(掲載頁:8〜9/著者:遠藤由紀{肩書き:詩}、牧野鈴子{肩書き:絵})
 『猫待ち』(掲載頁:10〜11/著者:猫町フミヲ{肩書き:詩}、早川司寿乃{肩書き:絵})
 『ウサギ』(掲載頁:12〜13/著者:あおいことり{肩書き:詩}、ヤマグチマリコ{肩書き:絵})
 『空』(掲載頁:14〜15/著者:てふてふ{肩書き:詩}、大西秀美{肩書き:絵})
 『肩がおぼえてる』(掲載頁:16〜17/著者:夢さん{肩書き:詩}、堀江祐理子{肩書き:絵})
 『遠花火』(掲載頁:18〜19/著者:長部晃子{肩書き:詩}、岩崎千夏{肩書き:絵})
 『あるく』(掲載頁:20〜21/著者:PIECE{肩書き:詩}、藤田夏代子{肩書き:絵})
 『投稿メルヘン1 美春』(掲載頁:22〜25/著者:中村聖子{肩書き:作}、林静一{肩書き:絵})
 『同2 メロディ・ライン』(掲載頁:26〜29/著者:きつね子たぬき{肩書き:作}、米納睦子{肩書き:絵})
 『同3 月になれたら……』(掲載頁:30〜33/著者:桃園ゆみ{肩書き:作}、蓮田千尋{肩書き:絵})
 『星屑ひろい 方言詩スペシャル』(掲載頁:34〜39/著者:染野千鶴{肩書き:絵}、中村豪志{同上}、やなせ・たかし{同上})
 『ほんの三行詩/POME・31』(掲載頁:40〜43/著者:田沢春美{肩書き:絵}、やなせ・たかし{同上})
 『三枚劇場1 帰ってきた名犬タロ』(掲載頁:44〜45/著者:林本ひろみ{肩書き:作}、後藤貴志{肩書き:絵})
 『同2 おもちゃのささやき』(掲載頁:46〜47/著者:樋沼雄一{肩書き:作}、深野天{肩書き:絵})
 『同3 23796番目の羊』(掲載頁:48〜49/著者:岩尾別ぴかり{肩書き:作}、海川紀美子{肩書き:絵})
 『「詩とメルヘン」の三十年』(掲載頁:50〜63)
 『編集前記&表紙絵ギャラリー ところで、あなたは……。』(掲載頁:50〜53)
 「詩とメルヘン」とアンパンマン』(掲載頁:54〜61/著者:やなせ・たかし)
 『詩とメルヘン賞・株式会社サンリオ美術賞受賞者一覧』(掲載頁:62〜63)
 『「詩とメルヘン」に会いに美術館へ行こう!―関連美術館・ショップ案内 その1―』(掲載頁:64)
 『おりたたみ画廊』(掲載頁:65〜70/著者:藤本旬)
 『「詩とメルヘン」に会いに美術館へ行こう!―関連美術館・ショップ案内 その2―』(掲載頁:71)
 『第二十三回「詩とメルヘン」イラストコンクールグランプリ発表』(掲載頁:72〜81/著者:宇野亜喜良{肩書き:審査員}、牧野鈴子{同上}、やなせ・たかし{同上})
 『「詩とメルヘン」イラストコンクール歴代受賞者一覧』(掲載頁:82〜83)
 『七月の空』(掲載頁:84〜85/著者:たなかひとみ{肩書き:詩}、黒井健{肩書き:絵})
 『楽園』(掲載頁:86〜87/著者:折原由津季{肩書き:詩}、さいとうじゅん{肩書き:絵})
 『冬の祈り』(掲載頁:88〜89/著者:夏野優{肩書き:詩}、東逸子{肩書き:絵})
 『めじるし』(掲載頁:90〜91/著者:こぬれ梢{肩書き:詩}、金井千絵{肩書き:絵})
 『スモール・カフェ』(掲載頁:92〜93/著者:草野早苗{肩書き:詩}、雨宮尚子{肩書き:絵})
 『さびしい幸せ』(掲載頁:94〜95/著者:秋月杜斗{肩書き:詩}、林佳奈子{肩書き:絵})
 『ほんとうのはなし』(掲載頁:96〜97/著者:大下美奈{肩書き:詩}、内田新哉{肩書き:絵})
 『吉田川まつり』(掲載頁:98〜99/著者:柴崎美紀{肩書き:詩}、松永禎郎{肩書き:絵})
 『銭湯からの帰り道』(掲載頁:100〜101/著者:今井章{肩書き:詩}、はせがわゆうじ{肩書き:絵})
 『一瞬』(掲載頁:102〜103/著者:鳥羽亮子{肩書き:詩}、おおた慶文{肩書き:絵})
 『星屑ひろい自由詩拡大版』(掲載頁:104〜109/著者:やなせ・たかし{肩書き:絵})
 『メッセージ集 前略「詩とメルヘン」殿』(掲載頁:110〜117)
 『最後まで候補に残った方』(掲載頁:117)
 『編集後記』(掲載頁:118/著者:やなせ・たかし{名義:やなせ}、編集部)
 『表紙記』(掲載頁:118/著者:やなせ・たかし)
 『告知』(同上)

▲このページのトップへ


同年度のアンパンマン(内部リンク)

 アンパンマン[いちごえほん版連載漫画]番外編詳細 2003年度掲載作品

 当ページで取り上げた『「詩とメルヘン」とアンパンマン』を、『月刊いちごえほん』で連載されていた『アンパンマン』の番外編としても一応紹介します。

Amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

▲このページのトップへ


復刊投票(外部リンク)

 復刊ドットコム トップ

 『復刊ドットコム』のトップページです。欲しいけど現在は絶版で手に入らない本は『復刊ドットコム』にリクエストしましょう! 投票数次第では再び販売されるかもしれません。投票にはユーザー登録が必要ですが、無料なのでご安心ください。

 『怪傑アンパンマン(熱血メルヘン)(やなせたかし)』 復刊リクエスト投票

 『復刊ドットコム』にリクエスト登録されている『怪傑アンパンマン』にご協力お願いいたします! 2013年に『やなせたかし大全』の特典として復刊しましたが、それでは意味がありません。単品として販売され、誰にでも読めるようになってこそ、本当の復刊です! よろしくお願いいたします!

Amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

投票済みの皆様へ

投票有効期限導入について

 投票済みのファンの皆さん、ご協力ありがとうございます。しかしながら、『復刊ドットコム』は、2011年(平成23年)1月に大幅なリニューアルが行われ、それに伴い“投票有効期限”が導入されました。大変お手数ですが、投票後の延長手続きもよろしくお願いします。有効期限は投票又は延長手続きした日から1年です。詳しくは『復刊ドットコム』の公式サイト内にある『リニューアル(2011年1月) 復刊ドットコムヘルプ』をご覧ください。

▲このページのトップへ




 サイトのご意見、ご感想をメールでお待ちしています。アドレスは「2ba90ie6★gmail.com」です。送信の際は必ず「★」を「@」にしてください。

 ※注 『ぼくらのアンパンマン文化』は、『アンパンマン』の公式サイトではありません。