幻のNHK版アンパンマンについて

 トップ > アンパンマン知ってる人なら知っている情宝収集プロジェクト > アンパンマン情宝途中経過 幻のNHK版アンパンマンについて

目 次

アニメ中心主義の方へ

 2018年(平成30年)2月6日の更新の際、『アニメのアンパンマンを観ている方へ』を書き出しの差し替えを始めとする修正をしました。修正といっても、クレームによるものではありません。図書館で昔の新聞を閲覧し、とても励みになった記事を見つけたのです。その記事を皆様にも参考にして頂きたいので、今回の修正に至りました。それによって以前に比べれて少しは説得力がある内容になれば幸いです。

 1983年(昭和58年)12月17日、ロサンゼルスを皮切りに、米国を巡回する『将軍の時代展』(以下『将軍展』)が開幕しました。発案者は意外な人物です。日本の博物館を管理する歴史学者ではありません。なんと、日本球界のスーパースター長嶋茂雄さんでした。長嶋さんといっても、グラウンドで華麗なプレーを魅せた野球人としての長嶋さんではありません。文化人、いや、私たちと同じ“日本人”として燃えた長嶋さんです。
 その3年前、米国で『SHOGUN』というテレビ映画がヒットし、日本文化への関心が高まりました。『SHOGUN』は欧州でも放送され、空前の“ジャパンブーム”が起こったのです。
 時を同じくして、プロ野球巨人の長嶋さんは、1980年(昭和55年)のシーズン終了後、至上命令である優勝が果たせなかったため、「男のケジメ…」と責任をとり、監督の座を降りました。「ひまわり」といわれた栄光の現役時代から22年に渡って在籍された巨人軍、テレビやスタンドで声援を送った多くのファンに別れを告げたのです。そして、ユニフォームから背広姿の文化人に身を転じ、“第二の人生”が始まります。その仕事柄、海外もいろいろ訪問され、やがて、米国のジャパンブームにも出会うのです。しかしながら、そこで見たものは実際の日本文化とは違い、長嶋さんは、とてもガッカリされました。それで、本来の日本を米国の皆様に理解して頂きたいという切実な思いから、地元千葉県佐倉に縁がある『徳川美術館』の館長と長い時間をかけて協議した結果、『将軍展』が開催された訳です。
 長嶋さんは私たちにとって雲の上の存在で、考え方も普通の人とはスケールが違います。けれど、米国のブームを見てガッカリしたのは、長嶋さんがスーパースターだからではありません。長嶋さんも、私たちと同じ“日本人”なのです。自分の国を正しく理解して欲しいという気持ちは、日本人に限らず、中国人、韓国人でも、人間なら誰もが心のどこかにある感情ではないでしょうか?
 私も国内規模の話ですが、地元がテレビで取り上げられたことがあります。もちろん、全国放送です。私はほんの一時でも地元に興味を持つ人がいればと期待をしましたが、聞いたことがない方言、見たことがない食習慣、〇〇県に過剰なライバル意識を持っているなど、テレビ向けに誇張されてしまったのです(一部の町や村ではそうなのかもしれないが)。司会を始めとする番組の出演者は笑い飛ばし、優越感に浸っていましたが、地元の人間として、もちろん、そんな気持ちにはなれません。テレビの影響力は番組のスタッフが自覚している以上に大きいので、何も知らない全国の視聴者は、これを私の地元だと思ってしまう訳です。
 世の中は細かいことを気にする人よりも、大らかな性格の人の方が愛され、それは長嶋さんがファンを惹きつける理由のひとつでもあります。けれど、地元が間違う形で全国に発信されてしまうことは、私が気に入るか気に入らないかなどという“個人レベル”で済むような問題ではありません。だから大らかな長嶋さんも、米国のブームを見過ごすことができなかったのだと思います。ここは全国の人につまらない奴だといわれても、地元の名誉のために断固として譲れないのが人間の感情ではないでしょうか?

 以上が当時の新聞から見つけた長島さんのエピソードです。さて、この場で取り上げたのにはもちろん理由があります。私はあの長嶋さんの人間的な一面に感動すると同時に、『アンパンマン』を日本に見立ててしまった訳です。
 以下の文はアンパンマンファンの皆様を傷つけるかもしれません。けれどそれをアニメ批判や、マニアのオゴリ、気に入らない人は見なければいいなどというだけで片付けないで、私が『アンパンマン』を国と地元、いや、それ以上に愛しているのだとも受け止めて頂きたいのです。
 『将軍展』だって、米国の皆様からすれば“余計なお世話”かも知れませんが、長嶋さんは純粋に正しい日本文化を伝えたいだけで、別に「どうだ、俺の方が詳しいんだぞ!」などといういつもりはないですよね? 「アメリカではこれが日本なんだから、お前らも合わせろ!」といわれても困りませんか?

 それではやっと本題に入りますが、ここからは、追記も含んだ以前の文の編集です。
 『アンパンマン』の作者のやなせたかし先生は、1919年(大正8年)2月6日に生まれました。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大)卒業後、三越宣伝部のグラフィックデザイナーを経て、漫画家の道に進むはずだったのですが、日本は間もなく戦争が始まり、その活動は一時中断されます。
 日本国民は空腹に耐えながら、“正義”を信じて、人を傷つけ殺し合い、必死に戦いました。その結果、日本は負けたのです。やなせ先生は、関係ない子供までもを巻き込み、多くの犠牲者を出したこの戦争に疑問を抱きました。1964年(昭和39年)の東京オリンピックを境に、日本が急成長したあとも、その時のショックが頭から消えることはなかったのです。そして、戦時中の体験から、暴力を嫌い、飢えに苦しむ人々に自分の身を犠牲にしてまでも食べ物を支援する正義のヒーローの話が誕生しました。それが『アンパンマン』だった訳です。
 ところが、バブルの時代に始まったアニメは、何を間違えたのか、“兵器のような顔”を取り付けたヒーローが、悪のばいきんまんを“暴力”で成敗する単純で好戦的なストーリーに変えられています。飢えた人を助けると同時に反戦を訴える原作に惚れ、それをテレビで子供たちに伝えようという良心的なアニメではないのです。
 それでも誰が見てもおかしいと思う番組や、人気があっても一時的な騒ぎで終わった番組なら、私もここまでは向きにならないかもしれません。しかし、世の中で『アンパンマン』といえば、残念ながら“悪運”が強いこのアニメなのです。

 以前、「アニメだってお腹を空かせた人を助けますよ?」という“潔白”を主張する意見を頂きました。はい、そうですね。けれど、その場面にも納得するどころか、むしろ、何を無理矢理と呆れています。私にはアンパンマンの正義を伝えるワンシーンというより、原作無視をゴマカすための“付け足し”としか思えないのです。詐欺師や国民を馬鹿にする政治家などがよくやる“汚い言い訳”とさえ感じます。
 では改めてアンパンマンの正義感について考えてみましょう。アバウトに答えれば、お腹を空かせた人を助けることで、例の主張は間違えではありません。けれど、具体的には「貧しい国に食べ物を支援する」というものであって、お腹を空かせた人なら誰でもいいという単純な問題ではないと、私は考えています。
 カバ夫くんやウサ子ちゃんたちは、お腹を空かせることがありますが、私の目が悪いためか、放っておくと死んでしまうような子供には見えません。両親が経済的な理由で共働きをしている家庭の子供でなければ、虐待を受けてまともに食事をさせてもらえない子供でもないでしょう。いくら潔白を主張しても、豊かな生活をする子供の“ちょっとした間食”ではあまり意味がないような気がするのです。
 むしろ、食べ物に困っているのは、ばいきんまんなどの敵方のキャラクターではないでしょうか? 1993年(平成5年)5月10日に放送された『トマトちゃんとケチャップリン』の一場面を紹介します。荒れたばいきんまんは空腹のあまりに目の前がボヤけてしまうのですが、アンパンマンは救いの手を差し伸べるどころか、逆に今がチャンスだといわんばかりにアンパンチを食らわせます。1992年(平成4年)3月16日に放送された『帰ってきたへどろまん』も凄い話でした。お腹を空かせたへどろまんが食べ物を求めて子供たちを襲う場面があります。ここでへどろまんは味方になるはずのアンパンマンに撃退されてしまう訳です。
 原作のアンパンマンならこんな非情なことはしません。ばいきんまんやへどろまんがなぜ悪さをするかを察することができるはずです。これは『あんぱんまんとごりらまん』(1976年、フレーベル館刊)に書かれています。「お腹さえ空かせなければ、ごりらまんは、ほかの動物に迷惑をかけない!」(要約)というラストが感動的な話です。

 話は『将軍展』に戻りますが、幸い好評だったそうです。1983年12月16日の『毎日新聞』にると、前売り券が既に20万枚出て、翌年の2月26日までの会期に入場者は50万人を超える見られています。そこには自分の勘違いを素直に認め、日本文化をきちんと理解するという米国の皆様の姿勢が感じられるのです。アンパンマンファンの皆様も、『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』(2016年、復刊ドットコム刊)が発売してからはそういう人だけではないということにも気がつきましたが、つまらない意地を張らないで、米国人を見習うべきではないでしょうか?
 とはいうものの、この話をファンの皆様に突き付けるのは筋違いかもしれません。むしろ、ファンの皆様は被害者でしょう。そもそもこういう問題は作ったのは、アニメの人気におんぶして、ファンに“偏ったアンパンマン教育”をした無責任な関係者の体質ではないでしょうか? やなせスタジオ様を始めとする関係者さえしっかりしていれば、ファン同士が対立することなどはありません。関係者の皆様こそ、長嶋さんの正義感を見習って頂きたいところです。

 もちろん、「子供が喜んでいるから…」という理由でアニメを否定したくない気持ちはよくわかります。けれど、佐村河内サンのゴーストライターだったことを自白した作曲家の新垣隆先生の勇気を思い出しましょう。佐村河内サンの曲を聴いて、「僕だって努力をすれば、何か道が開けるかもしれない…」と希望を持った障害者はいたはずです。新垣先生は会見前、事実を公表したために、そういう障害者の夢を壊してしまう葛藤があったかもしれません。それでも自白に踏み切ったのは、新垣先生が、やはり、“正義の味方”だからでしょう。本当の正義の味方なら、いい加減なことを教えて、事実を知らない子供や障害者を見て平気な顔をしていられる訳がありません。長嶋さんも米国の皆様に同じ気持ちがあったのではないでしょうか?
 過剰な気遣いをする大人ほど子供が苦手だったりするのです。「配慮、配慮」などと勝手に美談にしていますが、実は子供にものを教えることが面倒なだけなのではないでしょうか? 弱いのは子供ではありません。何だかんだと言い訳をして子供から逃げている大人の方が弱いのです。高が絵本とアニメといいますが、教育の歪みは、そういうささいなところから始まったりするものです。子供の夢がどうのこうのといいますが、それってデタラメをウヤムヤにすることでしょうか? もっと別の方法があると思うのですが? 子供よりも自分の名誉やお金をくれるスポンサーとの付き合いを大事にする育ちが悪い大人たちには、何を訴えても“ただの営業妨害”としか聞こえないでしょうが。

 とにかく、私はネットを始めて『アンパンマン』が意外に知られていないことに驚きました。そのため、ギネスブック認定を勲章として素直に受け入れられません。あれはむしろ、『アンパンマン』の本質からズレた“黒歴史”とまでは言い過ぎですが、キャラクターばかりがクローズアップされるとそんな気持ちにさえなります。『アンパンマン』はそれだけではないはずです。
 いろいろ面白くないことがありますが、否定するだけでは、皆様を困らせてしまうだけですので、“アンパンマン入門書”を4冊ほど紹介したいと思います。とりあえず、『アンパンマンの遺書』(岩波書店刊)、『あんぱんまん』(フレーベル館刊)、先ほど少し触れた『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』、『十二の真珠』(復刊ドットコム刊)を読めば、基本的な知識が身につくのではないでしょうか?
 『アンパンマンの遺書』は、2013年(平成25年)に初版本が発行されました。1994年(平成6年)に2年後の『アンパンマンミュージアム』のオープンに向けて書かれた同名のやなせ先生の自叙伝(岩波書店刊)を文庫本として復刊したものです。この自叙伝を読めば、キャラクターメーカーなどと軽視していた“アンパンマン感”が、広い視野で物事を考えられる“やなせ感”に変わります。
 『あんぱんまん』は1976年(昭和51年)に初版本が発行されました。ご存知の方も多いかと思いますが、1973年(昭和48年)の『キンダーおはなしえほん』(フレーベル館刊)に掲載され、全国の幼稚園や保育園で配布された記念すべき絵本の1作目を、一般の書店でも販売するため、『キンダーおはなしえほん傑作選』として再出版したものです。本編はもちろん、巻末の解説にはやなせ先生がこの本に託した“アンパンマンの正義”が書かれています。以前、ご覧になったという方も、前述で紹介した『アンパンマンの遺書』のあとに改めて読むと、一味も二味も違う印象を受けるかもしれません。
 『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は2016年(平成28年)に初版本が発行されました。1976年(昭和51年)から1982年(昭和57年)に絵本とは別に『月刊いちごえほん』(サンリオ刊)で連載された漫画の『アンパンマン』を、付録掲載作品も合わせて単行本としてまとめたものです。ここからしょくぱんまんやカレーパンマンなどの主要キャラクターが誕生しました。のちの『アンパンマン』に大いに影響を与えた作品です。“対ばいきんまん”という構図もこの作品からなのですが、それはあくまでも子供を病気から守るというもので、『アンパンマン』の本質からズレているあのアニメとは違います。キャラクターの初登場からの形態変化、バタコさんの悪童ぶり、幻のキャラクターフケツマンなどが必見です。どこかで「裏設定」という聞き捨てならない話を耳にしましたが、それは違います。これこそが『アンパンマン』なのです。
 『十二の真珠』は、2012年(平成24年)に初版本が発行されました。1969年(昭和44年)に『PHP』(PHP研究所刊)で1年間連載された『こどもの絵本』をまとめた童話単行本を、2度の絶版を経て復刊したものです。その中には絵本よりも古い“元祖アンパンマン”が収録されていることで知られています。この短編童話集に登場するアンパンマンは、自分の顔ではなく“手持ちのアンパン”を配る別のキャラクターです。アンパンマン自身がアンパンではありません。ほかに『ジャンボとバルー』や『チリンの鈴』など、のちに絵本などでリメイクされるやなせ先生の代表作が収録されています。血や泥などの描写で作品のメッセージを強調したところもこの童話集の魅力です。『アンパンマン』だけが、やなせ作品ではないことがわかります。
 以上が私が選んだ4冊です。『あんぱんまん』と『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は、小さな子供たちにもお勧めします。アニメとのギャップで「子供には受け入れられてもらえないのでは?」という声を聞くのですが、その心配はありません。こういうのは、つまらない先入観をズルズル引きずっている大人よりも、案外、子供の方が早く理解できたりするのです。子供は大人が心配するほど馬鹿ではありません。私自身も小さい時、古い『ゴジラ』を図鑑や懐かしのVTRなどで見て、やはり、違和感を抱いたのですが、イコール嫌いだったかというと違います。『ゴジラ』のイメージを壊されたどころか、逆に以前よりも関心度が高くなったとの記憶なのですが? 「昔の『アンパンマン』は今の子供に合わない」というデータは、一体、どこから出てきたものなのでしょうか?

 いろいろと厳しいことを書きましたが、それはファンの皆様がせっかく『アンパンマン』に興味を持ったのに勿体ないと思うからです。この問題についてのご意見とご感想を集めています。2ちゃんねるやTwitterなど、私が知らないところに書かないで、メールや掲示板で直接にお伝えください。ただ、現時点では気持ちの整理ができていないかもしれないので、しばらく時間を置くことをお勧めします。私の経験からしても、感情的な時にあれこれ書いても話がこじれるだけです。1週間後でも、1ヶ月後でも、1年後でも、10年後でも、私が生きてさえいれば、いつでも待ちます。アドレスは「2ba90ie6★gmail.com」です。送信の際は必ず「★」を「@」にしてください。

amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

作品ページ

 アンパンマン絵本作品詳細 1976年度キンダーおはなしえほん掲載作品

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。1976年度の『キンダーおはなしえほん』に掲載された『あんぱんまんとごりらまん』を紹介します。「お腹を空かせなければ、ごりらまんは、ほかの動物に迷惑をかけない…!」(要約)と敵をかばうラストが感動的な作品です!

 同 1976年度書店販売作品

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。1976年度初版の『あんぱんまん』を紹介します。そう、3年前に『キンダーおはなしえほん』に掲載されたあの1作目の市販化です!

 アンパンマン[いちごえほん版連載漫画]収録単行本詳細 2016年度発行作品

 『月刊いちごえほん』で連載されていた『アンパンマン』の作品ページです。2016年度初版の『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』を紹介します。付録作品も含む全話収録の単行本です。

復刊投票(外部リンク)

 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムの公式サイトのトップページです。欲しいけど現在は絶版で手に入らない本は復刊ドットコムにリクエストしましょう! 投票数次第では再販売されるかもしれません。投票にはユーザー登録が必要ですが、無料なのでご安心ください。

 『あんぱんまんとごりらまん キンダーおはなしえほん傑作選(31)(やなせたかし)』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『あんぱんまんとごりらまん』にご協力お願いいたします!

 『やなせ・たかし絵本全集(アンパンマン、やさしいライオン、チリンのすず)(やなせたかし)』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『やなせ・たかし絵本全集』にご協力お願いいたします!

amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

投票有効期限導入について

 投票済みのファンの皆さん、ご協力ありがとうございます。しかしながら、復刊ドットコムは、2011年(平成23年)1月に大幅なリニューアルが行われ、それに伴い“投票有効期限”が導入されました。有効期限は投票又は延長手続きした日から1年です。投票後の延長手続きもよろしくお願いします。

やなせスタジオ様へ

 2016年(平成28年)4月11日に一度削除しました。もちろん、折れた訳ではありません。別の件で問い合わせをするついでに、手紙で直接伝えたからです。
 けれど、ここに初めてアクセスする皆様には、一体、何のことだったのか気になるかもしれないので、改めて説明したいと思います。

 私は以前、『アンパンマン・ミニ・ブックス』(1983年〜1985年、フレーベル館刊)をはじめ、現在ではオフィシャルショップのみで購入できる商品を、一般の書店でも販売をして欲しいという声明文を書きました。私が『アンパンマン・ミニ・ブックス』を含む作品の復刊を求めたのは、自分のコレクションにするという個人レベルのものだけではないからです。アニメの『アンパンマン』を見ている子供たちが、“やなせ先生自身の原作”とも出会う環境を作るために復刊を希望しました。オフィシャルショップ限定商品では、その近くに住むごく一部の人間しか喜ばせることしかできません。

 “元祖アンパンマン”で有名な『十二の真珠』(2012年、復刊ドットコム刊)から引用させて頂きます。

「ぼくはえらい画家になるんだ。そしてみんなに尊敬されるんだ」
「いよいよ、君はバカだ」
「なぜ、ぼくがバカなんだ。画家になるのはいけないのかい」
「君はえらくなるために画家になるのか。それよりも子供でもおじさんでも、だれでもをよろこばせる絵をかけよ」
 やなせ先生が守り続けた“作家精神”を知ることができる画家志望の少年の会話です。けれど、残念ながら矛盾も感じます。オフィシャル限定商品など、“だれでもをよろこばせる絵”とは言えないからです。やなせスタジオのスタッフの皆様が、やなせ先生の意思を引き継ぎ、作品を多くファンに読んで頂きたいという気持ちがあるのなら、こんな馬鹿な商売はしません。
 とにかく『アンパンマン』は、アニメばかりが大事にされ、やなせ先生自身の原作の扱いが酷過ぎます。

 アニメの『アンパンマン』は1988年(昭和63年)に放送開始されました。テレビ化又は映画化されると、その宣伝効果で、原作の読者も増えるものです。ところが、『アンパンマン』には不思議なデータがあります。年に1、2回ペースだった原作の増刷が、アニメ効果でうなぎ上りになるはずが、逆に1989年(平成元年)で一斉に途切れているのです。この頃、書店にはアニメをベースとした絵本や図鑑なども並びました。やなせ先生の自身の『アンパンマン』は、これらの出版物に“領土”を奪われる形で、いつの間にか姿を消した訳です。
 そして、2009年(平成20年)、『アンパンマン・ミニ・ブックス』が長い眠りから覚めて復刊しましたが、それは私が考えていたものではありませんでした。やなせスタジオのスタッフの皆様は、今の子供たちがやなせ先生自身の『アンパンマン』を知らないことを寂しいとは思わないのでしょうか? 一部の人だけが購入できるの復刊では意味がありません。

 現在は、自宅でもネットを通じて本が購入できる時代です。けれど、児童書については、時代がどんなに変わっても町の書店が必要だと思います。パソコンやスマートフォンが使えない子供たちには、欲しい本を店で直接探す方法しかないのです。そんな子供たちがどこに住んでいてもやなせ先生自身の『アンパンマン』と出会える環境を作りたいという気持ちは今も変わりません。一般書店での販売をお願いします。

作品ページ

 アンパンマン絵本ブランド別作品リスト アンパンマン・ミニ・ブックス編

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。『アンパンマン・ミニ・ブックス』の作品リストはこちらをご覧ください。

 アンパンマン絵本作品詳細 1980年度キンダーメルヘン掲載作品

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。1980年度の『キンダーメルヘン』に掲載された『あんぱんまんとしょくぱんまん』を紹介します。しょくぱんまんの絵本初登場はこちらです!

 同 1981年度キンダーメルヘン掲載作品

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。1981年度の『キンダーメルヘン』に掲載された『しょくぱんまん』を紹介します。しょくぱんまんの“スピーンオフ作品”にご期待ください!

 同 1984年度キンダーメルヘン掲載作品

 絵本の『アンパンマン』の作品ページです。1984年度の『キンダーメルヘン』に掲載された『アンパンマンとカレーパンマン』を紹介します。

復刊投票(外部リンク)

 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムの公式サイトのトップページです。欲しいけど現在は絶版で手に入らない本は復刊ドットコムにリクエストしましょう! 投票数次第では再販売されるかもしれません。投票にはユーザー登録が必要ですが、無料なのでご安心ください。

 『「アンパンマン・ミニ・ブックス」シリーズ(全25巻)(やなせたかし)』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『アンパンマン・ミニ・ブックス』にご協力お願いいたします!

 『【原作】あんぱんまんとしょくぱんまん(キンダーメルヘン傑作選〈7〉)(文・絵=やなせ・たかし(やなせたかし))』  復刊リクエスト投票

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『あんぱんまんとしょくぱんまん』にご協力お願いいたします!

 『しょくぱんまん キンダーメルヘン傑作選(15)(文・絵=やなせ・たかし(やなせたかし))』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『しょくぱんまん』にご協力お願いいたします!

 『【原作】アンパンマンとカレーパンマン(キンダーメルヘン傑作選〈26〉)(文・絵=やなせ・たかし(やなせたかし))』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『アンパンマンとカレーパンマン』にご協力お願いいたします!

 『やなせ・たかし絵本全集(アンパンマン、やさしいライオン、チリンのすず)(やなせたかし)』 投票ページ 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

 復刊ドットコムにリクエスト登録されている『やなせ・たかし絵本全集』にご協力お願いいたします!

amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

投票有効期限導入について

 投票済みのファンの皆さん、ご協力ありがとうございます。しかしながら、復刊ドットコムは、2011年(平成23年)1月に大幅なリニューアルが行われ、それに伴い“投票有効期限”が導入されました。有効期限は投票又は延長手続きした日から1年です。投票後の延長手続きもよろしくお願いします。


ビデオ

▲このページのトップへ


依頼内容

 『アンパンマン』と言えば、1988年(昭和63年)10月3日から日本テレビ系で放送されている某テレビアニメを想像される方が多いでしょう。しかし、『アンパンマン』は、NHKでも単発ではあるが、1970年代にひっそりとテレビ化されています。当ページでは、もはや当時の視聴者や関係者の記憶を頼るしかないと思われる幻の“NHK版アンパンマン”の情報ならぬ“情宝”をメール又は掲示板で集めています。メールアドレスは「2ba90ie6★gmail.com」です。送信の際はお手数ですが必ず、「★」を「@」にして下さい。もちろん、当時の視聴者以外の方からも「こんな資料を見つけました!」という情宝を楽しみに待ってます!
 それでは依頼だけでは情けないので、とりあえず私が見つけた情宝ならぬ“情報”だけでもご覧ください。

▲このページのトップへ


本放送

1976年6月24日

 NHK総合テレビ午前9時30分から9時55分の『おかあさんといっしょ』。やなせ先生がゲストとして出演し、『アンパンマン』の話をするという内容だったとのこと。

1979年3月13日

 NHK総合テレビ午前9時30分から9時55分の『春休みこどものひろば』。『おかあさんといっしょ』の春休み用の特別版。『おはなしえほん』のコーナーで『あんぱんまん』が放送された。女優の中村メイコさんが、主人公のアンパンマンのほか、ジャムおじさん、ばいきんまん、そしてナレーションと、1人で4役の声を演じ分けたとのこと。脚本はやなせ先生、音楽はいずみたく先生、アニメーションは毛利厚先生。

▲このページのトップへ


文献は語る

『月刊詩とメルヘン〔1976年11月号〕』

 以前、『怪傑アンパンマン』が連載されていたサンリオの雑誌。67ページの『風の広場』に紹介された読者のお便りに、夏休み放送された『おかあさんといっしょ』の感想が書かれた。

『月刊いちごえほん〔1979年3月号〕』

 この当時、ショート漫画の『アンパンマン』が連載されていたサンリオの雑誌。44ページの『いちごふれんど』には、はっきりした日付は決まっていないとしながらも、テレビ化の告知がされていた。声を演じる中村メイコさんの紹介や、スタッフの情報も載っている。ただし、写真は原作からの抽出だった。

『アンパンマンVSアンパンマン』

 千葉さんからメールから頂いた情宝。2000年(平成12年)9月にフレーベル館から発行されたやなせ先生と声優の戸田恵子さんの対談集。そのなかに昔はNHKで放送されていたことも触れている。

『痛快!第二の青春 アンパンマンとぼく』

 2003年(平成15年)8月28日に講談社から発行されたやなせ先生の自叙伝のひとつ。中村メイコさんとの思い出で、ほんの少しながらも、その昔、NHKの『おかあさんといっしょ』で『アンパンマン』が放送されたことに触れている。ビデオの現存についても気にしていた。紙芝居みたいな形式だったとのこと。しかし、前述の『月刊いちごえほん〔1979年(昭和54年)3月号〕』には、毛利厚先生がアニメを担当したとの情報が載っていたので、止め絵の連続構成ではなかったハズ!

▲このページのトップへ


再放送

1976年8月18日

 NHK総合テレビ午前9時30分から9時55分、同じく午後5時30から午後5時55分の『おかあさんといっしょ』。内容は同年6月24日と同じ。『月刊詩とメルヘン〔1976年(昭和51年)11月号〕』で紹介されたお便りは、間違えなくこれのことだろう。

1979年7月17日

 NHK総合テレビ午前9時30分から9時55分、同じく午後5時35から6時の『夏のこどもひろば』。『おかあさんといっしょ』の夏休み用の特別版。番組の1コーナーとして『おはなしえほんん』の『あんぱんまん』が再放送された。

1980年4月1日

 NHK総合テレビの午前9時30分から9時55分の『春休みこどものひろば』の春休み用の特別版。番組の1コーナーとして『おはなしえほん』の『あんぱんまん』が再放送された。

1981年3月10日

 NHK総合テレビの午前9時30分から9時55分の『春のこどもひろば』の春休み用の特別版。番組の1コーナーとして『おはなしえほんん』の『あんぱんまん』が再放送された。

1982年7月20日

 NHK総合テレビの午前9時から午前9時55分にて放送の『夏のこどもスタジオ』。『おかあさんといっしょ』の夏休み用の特別版。番組の1コーナーとして『おはなしえほんん』の『あんぱんまん』が再放送された。現時点ではこれが最後とされている。

▲このページのトップへ


中村メイコさんのこの番組

新しい動画 3つのおはなし

 NHKの全国各地にある放送局では『番組公開ライブラリー』というコーナーが設けられている。そこでは、NHKで放送された一部の番組を無料で視聴が出来る。それで私は、『おかあさんといっしょ』や、『つくってあそぼ』の第1回など、個人的な思い出の番組と併せて、『新しい動画 3つのおはなし』を観た。
 『新しい動画 3つのおはなし』は、浜田広介先生の『第三の皿』、宮沢賢治先生の『オッペルと象』、小川先生の『眠い町』をアニメ化した番組。注目は語りを担当した中村メイコさん。私は1979年(昭和54年)3月13日の『あんぱんまん』が、この番組に近い内容なのではないかと、思ったのである。とは言え、『新しい動画 3つのおはなし』の放送は1960年(昭和35年)1月15日なので、『あんぱんまん』が放送されるまでの19年の間にメイコさんは声変りしたかもしれないのだが。それでもメイコさんが『あんぱんまん』に抜擢された経緯に関係あると思うので、興味があれば、皆さんも是非、視聴して頂きたい。
 『番組公開ライブラリー』の利用方法については、『NHKアーカイブス』の公式サイトを参考のこと。

▲このページのトップへ


録画を持っている方へ

 『NHKアーカイブス』の公式サイトには『NHKクロニクル』というコーナーがあり、そこで保存番組を検索することが出来ます。さて、気になる2つの『アンパンマン』の現存ですが、いろんなキーワードで試した結果、残念ながらどちらもヒットしませんでした。そもそもNHKが本格的に番組を保存するようになったのは1981年(昭和56年)からで、更に1985年以前の『おかあさんといっしょ』はほんの数本しか残っていないと言います。けれど、前述の『新しい動画 3つのおはなし』は、2013年(平成25年)に見つかるまでは“幻の番組”だと思われていたので、『アンパンマン』も、もしかしたら同じ奇跡が起きるかもしれません。
 『NHKアーカイブス』では、現存が確認出来ない番組を、当時の視聴者からも録画したビデオテープを募集しています。詳しくは、『NHKアーカイブス』の公式サイト内にある『NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト』をご覧ください。

▲このページのトップへ


参考外部サイト

 NHKアーカイブス

 NHKアーカイブスの公式サイトです。NHKで放送された懐かしの番組の資料がいろいろあります。

 アンパンマン - Wikipedia

 『Wikipedia』内にある『アンパンマン』のページです。NHK版テレビアニメの情報も一応載っています。

▲このページのトップへ



 サイトのご意見、ご感想をメールでお待ちしています。アドレスは「2ba90ie6★gmail.com」です。送信の際は必ず「★」を「@」にしてください。

 ※注 『ぼくらのアンパンマン文化』は、『アンパンマン』の公式サイトではありません。