1996年度を振り返る

 トップ > アンパンマン歴史あれこれ > アンパンマン編年史 1996年度を振り返る

目 次

やなせスタジオ様へ

 2016年(平成28年)4月11日に一度削除しました。もちろん、折れた訳ではありません。別の件で問い合わせをするついでに、手紙で直接伝えたからです。
 けれど、ここに初めてアクセスする皆様には、一体、何のことだったのか気になるかもしれないので、改めて説明したいと思います。

 私は以前、『アンパンマン・ミニ・ブックス』(1983年〜1985年、フレーベル館刊)をはじめ、現在ではオフィシャルショップのみで購入できる商品を、一般の書店でも販売をして欲しいという声明文を書きました。私が『アンパンマン・ミニ・ブックス』を含む作品の復刊を求めたのは、自分のコレクションにするという個人レベルのものだけではないからです。アニメの『アンパンマン』を観ている子供たちが、“やなせ先生自身の原作”とも出会う環境を作るために復刊を希望しました。オフィシャルショップ限定商品では、その近くに住むごく一部の人間しか喜ばせることしかできません。

 “元祖アンパンマン”で有名な『十二の真珠』(2012年、復刊ドットコム刊)から引用させて頂きます。

「ぼくはえらい画家になるんだ。そしてみんなに尊敬されるんだ」
「いよいよ、君はバカだ」
「なぜ、ぼくがバカなんだ。画家になるのはいけないのかい」
「君はえらくなるために画家になるのか。それよりも子供でもおじさんでも、だれでもをよろこばせる絵をかけよ」
 やなせ先生が守り続けた“作家精神”を知ることができる画家志望の少年の会話です。けれど、残念ながら矛盾も感じます。オフィシャル限定商品など、“だれでもをよろこばせる絵”とは言えないからです。やなせスタジオのスタッフの皆様が、やなせ先生の意思を引き継ぎ、作品を多くファンに読んで頂きたいという気持ちがあるのなら、こんな馬鹿な商売はしません。
 とにかく『アンパンマン』は、アニメばかりが大事にされ、やなせ先生自身の原作の扱いが酷過ぎます。

 アニメの『アンパンマン』は1988年(昭和63年)に放送開始されました。テレビ化又は映画化されると、その宣伝効果で、原作の読者も増えるものです。ところが、『アンパンマン』には不思議なデータがあります。年に1、2回ペースだった原作の増刷が、アニメ効果でうなぎ上りになるはずが、逆に1989年(平成元年)で一斉に途切れているのです。この頃、書店にはアニメをベースとした絵本や図鑑なども並びました。やなせ先生の自身の『アンパンマン』は、これらの出版物に“領土”を奪われる形で、いつの間にか姿を消した訳です。
 そして、2009年(平成20年)、『アンパンマン・ミニ・ブックス』が長い眠りから覚めて復刊しましたが、それは私が考えていたものではありませんでした。やなせスタジオのスタッフの皆様は、今の子供たちがやなせ先生自身の『アンパンマン』を知らないことを寂しいとは思わないのでしょうか? 一部の人だけが購入できるの復刊では意味がありません。

 現在は、自宅でもネットを通じて本が購入できる時代です。けれど、児童書については、時代がどんなに変わっても町の書店が必要だと思います。パソコンやスマートフォンが使えない子供たちには、欲しい本を店で直接探す方法しかないのです。そんな子供たちがどこに住んでいてもやなせ先生自身の『アンパンマン』と出会える環境を作りたいという気持ちは今も変わりません。一般書店での販売をお願いします。

アニメのアンパンマンを観ている方へ

 皆様は、サッカーが好きでしょうか? 野球派の私は残念ながら、日本中がワールドカップに沸いている時でも冷めた人間ですが、ボールを手を使わずにあのネットに入れるスポーツだということは、いくら何でもわかります。これはサッカーが好きか嫌いか以前の問題でしょう。ですが、私がこう言い切れるのは所詮、サッカーを国民的スポーツとする日本で長年生活しているからに過ぎません。
 かなり極端な作り話かもしれませんが、もし、あるサッカー発展途上国で、まともに勉強していない無責任な機構が、「そのままでは難しい…」という“大人の対応”から、勝手にルール改正をしたらどうしよう? 日本も含むほかの国は、手が使える「もはや別のスポーツ…」などと批判すると思いますが、この国で生まれ育った人は、それをサッカーだと認識してしまったりするのです。人間とは、実に単純な生き物で、それを支配する環境には恐ろしいの一言に尽きます。
 手が使えるルールは、いずれは元に戻す暫定的なものだったかもしれませんが、それを一度、脳裏に焼き付けてしまった人間を再教育するのは、決して簡単なことではありません。“正義心”で初心者でも楽しめるサッカー作りをするつもりが、結局は、本来のルールに出会った時に“混乱の素”になってしまう訳です。
 この国のサッカーの行方は一体、どうなるのでしょうか? 我々がいくら本来のルールを伝えようとしても、「今までこれでやってきたんだから…」などと受け入れてくれません。ここは、“この国の空気”を読み、ひとつの個性として認めるべきなのでしょうか?
 けれど、そんな国でも、わかるファンがいない訳ではありません。そういう少数派のファンは、全く別のスポーツが国で勝手に確立してしまうと困るのですね。「別のスポーツ」というのは、もちろん、野球でなければ、テニス、卓球、バレーボール、バスケットボールでもありません。その国では見ていない人までもが「子供に夢を売るスポーツ!」などと支持し、自分の都合が悪い意見は受け入れない馬鹿な機構を甘やかすから、世界でも通用するサッカーをして欲しい切実なファンには頭が痛くなる問題でしょう。

 さて、なぜ、実在しない国のサッカー事情をダラダラと話したかというと、つまり、アニメの『アンパンマン』も同じなのです。

 作者のやなせたかし先生は、1919年(大正8年)2月6日に生まれました。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大)卒業後、三越宣伝部のグラフィックデザイナーを経て、1952年(昭和27年)に漫画家としてデビューするのですが、そこに立ちはだかったのが戦争です。
 日本国民は空腹に耐えながら、“正義”を信じて、人を傷つけ殺し合い、必死に戦いました。その結果、日本は負けたのです。やなせ先生は、関係ない子供までもを巻き込み、多くの犠牲を出したこの戦争に疑問を抱きました。1964年(昭和39年)の東京オリンピックを境に、日本が急成長したあとも、そのことは忘れません。そして、戦時中も体験した空腹から、暴力を嫌い、飢えに苦しむ人々に自分の身を犠牲にしてまでも食べ物を支援するヒーローの物語が誕生しました。それが『アンパンマン』だった訳です。
 ところが、バブルの時代に始まったアニメは、食べ物ならぬ、“兵器のような顔”を取り付けたヒーローが、悪のばいきんまんを“暴力”で成敗する、単純で好戦的なストーリーにされています。“キャラクターメーカー”などと軽視しているスタッフ方は、『アンパンマン』が誕生した経緯を全く理解していないのです。

 以前、「アニメだってお腹を空かせた人を助ける!」などという“潔白”を主張する意見を頂きました。しかし、これは残念ながら、『アンパンマン』の本質を知らないからこそできる反論です。
 “アンパンマンの仕事”とは、一体、何でしょう? アバウトに答えれば、ご主張の通りなのですが、それは「貧しい国に食べ物を支援する」というものであって、お腹を空かせた人なら誰でもいいという単純な問題ではないと、私は考えています。
 カバ夫くんやウサ子ちゃんたちは、お腹を空かせることがありますが、私の目が悪いためか、どう見ても貧しい国で生まれて放っておくと死んでしまうような子供には思えません。経済的な理由で両親が共働きをしている家庭の子供でなければ、虐待を受けて食事がまともにできない子供でもないでしょう。同じ空腹でも、こういう子供のちょっとした腹ごしらえではあまり意味がないと思うのです。私は電車を利用した時、疲れていても座席が空いていないことがありますが、年寄や妊婦さんに親切にするのとは訳が違いますよね?
 このアニメのスタッフは、いくら善人面しても、貧しい国の人のことなど、別に興味がないでしょう。食の扱いは、豊かな国のお祭りの出し物であり、お腹を空かせた人を助けるくだりは、所詮、原作の愛読者に“見っともない言い訳”をするための付け足しとしか感じられません。掃除当番をサボっている小学生が、先生に注意されると隅っこだけ掃いて、「やってるだろ、ほら?」などと、大人を馬鹿にするような態度を取るのと同じです。こういうのに騙されるファンもファンだと思います。
 むしろ、食べ物に困っているのは、ばいきんまんなどの敵方ではないでしょうか? アンパンマンなら、いじめを表面的にしか見ない馬鹿な大人たちは違い、ばいきんまんがなぜ悪さをするかを察することができるはずです。

 皆様に『アンパンマン』について改めて欲しい気持ちから、こんな声明文を書きましたが、否定だけでは、“アンチアンパンマン”などと誤解されてしまうので、『アンパンマンの遺書』(岩波書店刊)、『あんぱんまん』(フレーベル館刊)、『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』(復刊ドットコム刊)、『十二の真珠』(同)を、“私が選んだ4冊”として紹介したいと思います。

 『アンパンマンの遺書』は、2013年(平成25年)に初版本が発行されました。1994年(平成6年)に2年後の『アンパンマンミュージアム』のオープンに向けて書かれた同名のやなせ先生の自叙伝(岩波書店刊)を文庫本として復刊したものです。この自叙伝を読めば、キャラクターメーカーなどと軽視していた“アンパンマン感”が、視野の広い“やなせ感”に変わります。

 『あんぱんまん』は1976年(昭和51年)に初版本が発行されました。ご存知の方も多いかと思いますが、1973年(昭和48年)の『キンダーおはなしえほん』(フレーベル館刊)に掲載され、全国の幼稚園や保育園で配布された記念すべき絵本の1作目を、一般の書店でも販売するため、『キンダーおはなしえほん傑作選』として再出版したものです。本編はもちろん、巻末の解説には『アンパンマン』の本質が書かれています。以前、ご覧になったという方も前述で紹介した『アンパンマンの遺書』のあとに改めて読むと、一味も二味も違う印象を受けるかもしれません。

 『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は2016年(平成28年)に初版本が発行されました。1976年(昭和51年)から1982年(昭和57年)に絵本とは別に『月刊いちごえほん』(サンリオ刊)で連載された漫画の『アンパンマン』を、付録掲載作品も合わせて単行本としてまとめたものです。ここからしょくぱんまんやカレーパンマンなどの主要キャラクターが誕生しました。のちの『アンパンマン』に大いに影響を与えた作品です。“対ばいきんまん”という構図もこの作品からなのですが、それはあくまでも子供を病気から守るというもので、『アンパンマン』の本質からズレているあのアニメとは違います。キャラクターの初登場からの形態変化、バタコさんの悪童ぶり、幻のキャラクターフケツマンなどが必見です。
 どこかで「裏設定」という聞き捨てならない話を耳にしましたが、それは違います。これこそが『アンパンマン』です。世間的な正式設定は、“高が二時的創作物”に過ぎません。手が使えないサッカーを架空の国では「裏ルール」などと理解しているのと同じです。

 『十二の真珠』は、2012年(平成24年)に初版本が発行されました。1969年(昭和44年)に『PHP』(PHP研究所刊)で1年間連載された『こどもの絵本』をまとめた短編童話集を2度の絶版を経て復刊したものです。その中には絵本よりも古い『アンパンマン』が収録されていることで知られています。
 この童話集に登場するアンパンマンは、顔ではなく“手持ちのアンパン”を子供たちに配る別のキャラクターです。アンパンマン自身がアンパンではありませんでした。
 ほかに『ジャンボとバルー』や『チリンの鈴』など、のちに絵本などでリメイクされるやなせ先生の代表作が収録されています。血や泥などの描写でメッセージを強調したところもこの童話集の魅力です。『アンパンマン』だけが、やなせ作品じゃないことがわかります。

 ほかにも紹介したい作品や文献がありますが、とりあえず以上の4冊を読めば、基本的な知識が身に付くのではないでしょうか?
 『あんぱんまん』と『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』は、小さな子供たちにもできれば見せて頂きたいと思います。アニメとのギャップから、よく配慮を主張する声がありますが、こういうのは案外、つまらない先入観をズルズル引きずっている大人よりも、子供の方が受け入れるのが早かったりするのです。子供には、物分かりが悪い大人と違って、「今までこれでやってきたんだから…」などいう“過去の壁”がありません。
 大人はもっと積極的にいろんなことを子供にチャレンジさせるべきではないでしょうか? 過剰に気遣いする大人ほど子供が苦手、又は無関心だというのが私の考えです。この手の余計な対応は、お子様目線というより、難しい質問をされた時などにきちんと説明する自信がない“大人のエゴ”ではないでしょうか? 弱いのは、最もらしいお為ごかしで子供から逃げている大人の方です。
 私自身も子供の時、自分の力を試したかったのに、“親切な大人”が難しそうなところを代わりにやったり、簡単なことを無理やり押し付けたりして、未だに納得していない思い出があります。未然防止など、窓から落っこちたり、川で溺れたりするなど、命の危険に繋がるような事故だけで充分です。
 教育にまで口を出しをしましたが、“やなせ先生自身”の『アンパンマン』は、小さな子供も楽しめます! 決して“マニアのためのアンパンマン”ではありません。こういうイメージを作ったのは、勝手に子供から遠ざけた馬鹿な大人たちが悪いのです。

 いろいろ厳しきことを書きましたが、異論がある方は2ちゃんねるなど、私が知らないところで叩かれても困るので、メール又は掲示板で直接お伝えください。ただ、感情的になっても話がこじれるだけなので、ある程度は冷却期間を置くべきだと思います。これは経験者としてのアドバイスです。あの時、衝動的に馬鹿なことを言わなければ、こんなにもケンカにならなかったという思い出はいろいろあります。この声明文は、何も今すぐ皆様に理解して頂こうというつもりで書いていません。急ぐ必要はないので、1年後、2年後、10年後でも、気持ちの整理ができた時に話を聞かせて頂けたらと思います。それまでの間にやなせ先生自身の『アンパンマン』をいろいろ読んでみてはどうでしょうか?

 最後になりますが、公式ガイドブックなどを制作してるスタッフは、『アンパンマン』が好きかどうか怪しい“適当に選ばれた人間”です。あなたはそんなスタッフを越えることができます!

Amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店


特記事項

『アンパンマンミュージアム』の命名秘話!

 1996年(平成8年)4月7日、『月刊詩とメルヘン〔1996年5月号〕』(サンリオ刊)が発売。『「やなせ・たかし記念館 アンパンマンミュージアム」オープン記念 アンパンマン画集』が掲載される。『虹工場のある星』、『どくろ島のゆーれい船』、『ばいきん星のたたかい』、『燃えるアンパンマン号』、『遺跡の怪鳥』、『巨石じゅうガランゴラ』、『くずれる積木の塔』を紹介。『同〔1994年10月号〕』に掲載された『やなせ・たかしの新世界(アンパンマン美術展より) アンパンマンをモチーフとして描きおろしたファンタスティックな世界』と同じく、『アンパンマンミュージアム』に飾るために描き始めたF30号のアクリル画の一部である。
 『「やなせ・たかし記念館 アンパンマンミュージアム」について』では、文字通りいよいよオープンする『アンパンマンミュージアム』を解説。やなせ先生は施設名に自分の名前を入れるのに抵抗があったのだが、結局、町の要望も尊重して「やなせ・たかし記念館 アンパンマンミュージアム」に決まったという。「ぼくはそれほどの人間ではないから…」と控えめで、こういう大役は息子の『アンパンマン』にやな譲るやなせ先生だが、ここは良くも悪くも“『鉄腕アトム』の作者”を超えようとしていた手塚治虫先生とは対照的だろう。それはさて置き、「やなせ・たかし記念館」は厳密には敷地の名前で、「アンパンマンミュージアム」はその中にある建物の名前のようだ。『上野恩賜公園』が『やなせ・たかし記念館』だとしたら、『アンパンマンミュージアム』は『国立西洋美術館』や『東京都美術館』ということだろうか?

『アンパンマンとぱしぱしぱしーん』が刊行!

 1996年(平成8年)4月、フレーベル館から『アンパンマンとぱしぱしぱしーん』が発行。『アンパンマンのおはなしでてこい』が第9回配本。ばいきんまんそっくりのあかきんまん、あおきんまんが、いつも惨めにやられている仲間を助けるため、ばいきん星から、はるばるやってやって来る絵本が書店に並んだ。ちなみに70年代の「ばいきんまん」は、世界中のにいたる場所に生息する“ばいきん族”の総称で、『月刊いちごえほん』で連載されていたショート漫画の『アンパンマン』では、1話に2、3匹のばいきんまんが見られた。『アンパンマンとぱしぱしぱしーん』は18年前の設定では描けない話なのだ。

やなせ先生、『達人たちの玉手箱』に!

 1996年(平成8年)4月28日、NHK教育テレビで『達人たちの玉手箱』が放送。ゲストはやなせ先生。アンパンマンとフランケンシュタインの人形、包丁研ぎ器、絵本の『てのひらを太陽に』を持ち、『アンパンマン』や3年前に他界された暢夫人の思い出を語る。『月刊詩とメルヘン〔1996年7月号〕』(サンリオ刊)に掲載された『気まぐれ絵日記』の第174回によると、収録は放送の12日前の4月6日という。

ミュージアム旅立ち展!

 1996年(平成8年)4月27日、東京都千代田区大手町の『逓信総合博物館』にて『やなせたかしの世界展〜アンパンマンミュージアムへの旅立ち〜』を開催。5月26日まで。『アンパンマンミュージアム』のオープンに伴い、東京から高知へ引っ越しする作品の“送別会”。『月刊詩とメルヘン〔1996年8月号〕』(サンリオ)に掲載された『気まぐれ絵日記』の第175回によると、当初は8月の予定だったが、やなせ先生の希望で5月のゴールデンウィークになったという。4月28日、5月5日にやなせ先生のトークショー、5月1日にはサイン会も行われた。

『やなせ展』、高知大丸で!

 1996年(平成8年)6月13日、高知大丸で『やなせ・たかしの世界展』を開催。商店街では地元の幼稚園の子供たちが行進するパレードも行われた。

『アンパンマンとふうせんまん』が刊行!

 1996年(平成8年)7月、フレーベル館から『アンパンマンとふうせんまん』が発行。『アンパンマンのおはなしでてこい』が第10回配本。ペリカンはアンパンマン、ふうせんまんはばいきんまんに助けられ、恩返しには恩返しで対抗する絵本が書店に並んだ。

『そらとぶえほんとガラスのくつ それいけ!アンパンマン』が刊行!

 1996年(平成8年)7月、フレーベル館から『そらとぶえほんとガラスのくつ それいけ!アンパンマン』が発行。悪い魔法でカボチャの姿に変えられたシンデレラが、アンパンマンたちと一緒にガラスの靴を取り戻す絵本が書店に並んだ。

あにめえいがだいはちだん

 せんきゅうひゃくきゅうじゅうろくねん(へいせいはちねん)しちがつじゅうさんにち、あにめえいがの『それいけあんぱんまん そらとぶえほんとがらすのくつ』がこうかい。どうじこうかいは『それいけあんぱんまん ばいきんまんとさんばいぱんち』。ただそれだけ。

『アンパンマンミュージアム』、ついにオープン!

 1996年(平成8年)7月21日、高知県香美市香北町に『アンパンマンミュージアム』がオープン。ついにこの日がやってやって来る!
 やなせ先生が自分の美術館を建てることになったのは2年前。それからやなせ先生は、本業と並行しながら、ギャラリーに飾るF30号のアクリル画を出来るだけ多く制作し、時には展覧会等のイベントも催すなど、多忙の日々が続いた。そして、いよいよ待ちに待ったオープン! 『月刊詩とメルヘン〔1991年(平成3年)11月号〕』に掲載された『気まぐれ絵日記』の第122回では、自分の美術館を“犬小屋”などと馬鹿にしていたやなせ先生だが、立派な建物として産声をあげる。初日のお客さんの総数は5000人。
 やなせ先生は自分の美術館を建てることを“最終目標”とし、残りの人生はなるべく仕事をしないで静かに暮すつもりだったという。しかし、実際にはここからが“新たなスタート”なのだから、やはりやなせ先生は恐ろしい…。

『やなせ・たかしの世界 増補版』が刊行!

 1996年(平成8年)7月25日、サンリオから『やなせ・たかしの世界 増補版』が発行。原本はやなせ先生が勲四等瑞宝章を受賞した時に発売された『月刊詩とメルヘン〔1991年6月臨時増刊号〕 やなせ・たかしの世界』(サンリオ)。5年前とはやはり生活環境が違うため、一部内容が差し替えられている。『キャラクターアイディアノート』では「ホラーマンは無限大に増える」という“没設定”が判明! 『アンパンマンの成長記録』では『月刊いちごえほん』で連載されていたショート漫画の『アンパンマン』と共に、バタコさんやしょくぱんまんなど、主要キャラのデビュー当時の写真を紹介! しかし、カレーパンマンはあまりにも面影がないためか、デビューからある程度たってからのものになっている。

『アンパンマンミュージアム』のオープン特集が掲載!

 1996年(平成8年)9月7日、『月刊詩とメルヘン〔1996年10月号〕』(サンリオ刊)が発売。『気まぐれ絵日記』の第177回はいつもより4ページ拡大して『やなせ・たかし記念館 アンパンマンミュージアムオープン』を掲載! 『アンパンマンミュージアム』のオープン当日の模様を写真付きで紹介する。しかし、意外にも建物全体の写真がないのはまだ見せたくない理由があるのだろうか?

『アンパンマンミュージアム』、早くも10万人!

 1996年(平成8年)9月8日、『アンパンマンミュージアム』の入館者が10万人を突破。『月刊詩とメルヘン〔1996年12月号〕』(サンリオ刊)に掲載された『気まぐれ絵日記』の第179回によると、やなせ先生は年間10万人が目標だったという。これをオープンからたったの1ヶ月半強の49日目に達成する。『同〔1991年(平成3年)11月号〕』に掲載された『気まぐれ絵日記』の第122回では、自分の美術館を建てても誰も来ないと否定していた。

『アンパンマンのみえ〜るブック』が完結!

 1996年(平成8年)10月、フレーベル館から『アンパンマンのみえ〜るブック』が第2回配本が発行。『はしれ!SLマン』、『おばけのほらあな』、『チーズをさがそう』の3冊が書店に並ぶ。前の3巻とは違って、著者の情報が考案者の近藤芳弘先生と連名になっている。また、やなせ先生の肩書も「さく・え」から漢字表記の「作・絵」になったのも気になるところ。『アンパンマンのみえ〜るブック』はこれにて完結する。

『アンパンマンとまほうのふで』が刊行!

 1996年(平成8年)11月、フレーベル館から『アンパンマンとまほうのふで』が発行。『アンパンマンのおはなしでてこい』が第11回配本。ばいきんせんにんからまほうのふでを借りたばいきんまんが、まずはしょくぱんまんの白いマントを汚して、次第にいたずらをエスカレートさせていく絵本が書店に並んだ。“まっくろによごされたひとたち”が、私の目には“人”に見えないところが面白い。○○は匹と数えるべきかなど、こういうキャラクターの表現方が、『アンパンマン』の難しさのひとつと言えよう。
 某アニメ映画では、主役がしょくぱんまんからカレーパンマンに変更。キャラクターを気にしなければ、割かし原作に忠実な話なのだが、カレーパンマンが主役だと、ばいきんまんがしょくぱんまんにコンプレックスを持つ冒頭とラストでは、シックリしないでしょう。個人的には「カレーパンマンが主役の話を考えるのがメンドクサかったからキャラクターを差し替えた」という印象が残るアニメ化である。ちなみに私はカレーパンマンファン。だからこそ、カレーパンマンのキャラクターがイマイチ引き出せていない問題のアニメ映画に首を傾げたのだが、この謎は原作との出会いで解決した訳である。

『アンパンマンのおはなしでてこい』が完結!

 1997年(平成9年)1月、フレーベル館から『アンパンマンとちびぞうくん』が発行。『アンパンマンのおはなしでてこい』が第12回配本。みみせんせいの学校に転校にすることになったちびぞうくんが、みちに迷いばいきん城に連れ浚われる絵本が書店に並んだ。
 『アンパンマンのおはなしでてこい』はこれにて完結。『アンパンマンとびいだまん』、『アンパンマンとふうせんまん』、『アンパンマンとまほうのふで』、『アンパンマンとちびぞうくん』と後期作品は、カバー折り返し部分の解説の通りやなせ先生の子供の時のアイテム、又は経験が話のモチーフになっている。『アンパンマンミュージアム』の建設と並行したとあって、やはり、“故郷の影響”が反映されたのだろう。

東京新宿でミニミュージアム!

 1996年(平成8年)12月8日、東京新宿のホテルで『アンパンマンミニミュージアム』を開催。期間は翌年1月2日まで。

『アンパンマンミュージアム』、20万人に!

 1997年(平成9年)3月30日、『アンパンマンミュージアム』の入館者が20万人を突破。2年目の目標をたった10ヶ月で達成する。

▲このページのトップへ


作品リンク

 アンパンマン絵本作品詳細 1996年度書店販売作品

 1996年度に初版発行された絵本8タイトルを紹介します。

▲このページのトップへ


復刊投票(外部リンク)

 復刊ドットコム トップ

 『復刊ドットコム』のトップページです。欲しいけど現在は絶版で手に入らない本は『復刊ドットコム』にリクエストしましょう! 投票数次第では再び販売されるかもしれません。投票にはユーザー登録が必要ですが、無料なのでご安心ください。

 『やなせ・たかし絵本全集(アンパンマン、やさしいライオン、チリンのすず)(やなせたかし)』 復刊リクエスト投票

 『復刊ドットコム』にリクエスト登録されている『やなせ・たかし絵本全集』にご協力お願いいたします!

Amazon.jp ぼくらのアンパンマン文化店

投票済みの皆様へ

投票有効期限導入について

 投票済みのファンの皆さん、ご協力ありがとうございます。しかしながら、『復刊ドットコム』は、2011年(平成23年)1月に大幅なリニューアルが行われ、それに伴い“投票有効期限”が導入されました。大変お手数ですが、投票後の延長手続きもよろしくお願いします。有効期限は投票又は延長手続きした日から1年です。詳しくは『復刊ドットコム』の公式サイト内にある『リニューアル(2011年1月) 復刊ドットコムヘルプ』をご覧ください。

▲このページのトップへ



 サイトのご意見、ご感想をメールでお待ちしています。アドレスは「2ba90ie6★gmail.com」です。送信の際は必ず「★」を「@」にしてください。

 ※注 『ぼくらのアンパンマン文化』は、『アンパンマン』の公式サイトではありません。